プレスリリース

プレスリリース一覧

「SaaS爆発」時代の裏に潜む課題を徹底調査
~社内で利用しているSaaSを管理できていない企業が50%以上も存在~

2021年2月24日

SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」を運営する株式会社メタップス(本社:東京都港区)は、2020年12月29日に公開した「SaaSの利用実態調査」のアンケート調査結果を基に、より具体的な調査を実施。コロナ以降「SaaS爆発」とも言えるSaaS利用急増期に突入している日本で、新たに起きている課題をレポートいたします。

前回の調査レポート

https://www.metapscloud.com/report_20201229.html

今回の調査レポート

注目Topics

  • 社内で利用されているSaaSをすべて把握し、管理できている企業は50%未満。
    管理できない原因は導入の決裁者によって、安全な管理の成否に影響。
  • 退職者アカウントの削除漏れは32%の企業で発生している。
    そのうち10%の企業ではそもそも削除漏れの把握ができていない。
  • 多くの人が気軽にお願いしてる「パスワード再発行依頼」の対応で、情報システム担当者は1週間の業務時間のうち3時間以上使っている。
  • 今後もSaaSの導入が増え続けることで起こり得る弊害とは?

※グラフの抽出条件:グループウェア、IaaS、PaaSを除いて集計

(一部抜粋)

1. 社内で利用されているSaaSをすべて把握し、管理できている企業は50%未満。
管理できない原因は導入の決裁者によって、安全な管理の成否に影響。

新型コロナウイルス流行以降、SaaSの運用管理にかける時間は86%の企業で増加
グラフ1

新型コロナウイルスの影響でリモートワークや新しい働き方への対応が広がり、SaaS管理に掛ける時間が増えたと考えられる。

※SaaS運用管理の課題に関する具体的な数値や詳細に関しては本レポートに記載

管理が難しくなっている要因は「決裁者/決裁権」だったことが判明
グラフ2グラフ3

社内で利用されているSaaSをすべて把握し、管理できている企業は50%未満であった。SaaSの導入が進むにつれて、社内で利用されているSaaSを管理するのが難しくなっている。さらに、「社内で利用されているSaaSを把握し、管理ができていない」と答えた企業のうち、6割以上が各事業部で導入の決裁がされていることが判明した。そのため、情報システム担当者が把握できないSaaSが生まれていた。

2. 退職者アカウントの削除漏れは32%の企業で発生している。
そのうち10%の企業ではそもそも削除漏れの把握ができていない。

グラフ4

アカウントの削除漏れは、無駄なコストとなるだけでなく、不正アクセスや情報漏洩の原因になる。そんなアカウントの削除漏れが32%の企業で発生しており、そのうち10%の企業ではそもそも削除漏れの把握ができていないという大変危険な状態であることがわかった。

3. 多くの人が気軽にお願いしている「パスワード再発行依頼」の対応で、情報システム担当者は1週間の業務時間のうち3時間以上使っている。

グラフ5

従業員からのパスワード再発行依頼の対応で、1週間の業務時間のうち3時間以上(業務時間の10%弱)費やしている企業が16%も存在することがわかった。SaaSの導入個数別に見ると、SaaS導入数が31個を超えると46%の企業で対応に3時間以上費やしていることが判明した。

今後もさらにSaaSが増え続け、このまま管理が出来ていない状態で導入が進んだ場合起こり得る弊害とは?また、その解決策とは?

気になるレポートの続き・詳細はこちら: https://www.metapscloud.com/report_20210224.html

定量調査

目的      : SaaS利用の増加に伴い発生する課題の把握

対象      : 従業員50名以上の企業でSaaSの運用管理に携わっている方

調査機関: 株式会社シグナル

実施時期: 2020年12月実施

エリア   : 全国

モニタ   : SaaSの運用※をしている会社員、経営者・役員、公務員(勤務先の従業員数50人以上)

※利用の監視、アカウント付与/削除や障害発生時の対応等を担当している

全体      : 500ss

メタップスクラウドの取り組み

急激なSaaSの増加に伴い生まれた課題として、SaaSを管理する工数や人材の不足があります。この問題は、今後SaaS市場の拡大と共に企業に付きまとってしまう課題ではないかと考えSaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」を通じてSaaS管理に関わる課題解決に取り組んでいきます。

メタップスクラウドについて

メタップスクラウドは増え続けるSaaSの複数導入を背景に生まれた、お金・時間のムダを改善する「SaaS管理」とセキュリティリスクを抑える「ID管理(IDaaS)」、の2つの機能を備えたSaaS一元管理ツールです。
公式サイト: https://www.metapscloud.com/

今後の取り組み

「メタップスクラウド」は、今後もSaaS一元管理ツールとしてID管理機能、SaaS管理機能の充実をはかり、より効率的で安全なSaaS運用を提供します。また、国内外で利用されているSaaSとの連携を増やし多くの事業社へご利用いただけるサービスを目指していきます。

会社概要

会社名         :  株式会社メタップス (英文名 Metaps Inc.)

設立            :  2007年9月3日

代表取締役   :  山﨑 祐一郎

所在地         :  東京都港区三田1丁目4番地1号住友不動産麻布十番ビル 3階

資本金         :  54億44百万円 (2019年12月末時点)

事業内容      :  ファイナンス事業、マーケティング事業、DX支援事業

公式サイト: https://metaps.com/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社メタップス 新規事業グループ

担当: 成田・姫野

Mail:pr_mcloud@metaps.com